このページでは「新型コロナウイルス後遺症(以下:コロナ後遺症)」の治療についてお話しします。

 

現在コロナ後遺症には倦怠感をはじめとして、頭にもやがかかったような気持ち悪さ(ブレインフォグ)・頭のフワフワ感・脚の脱力感・咳・呼吸苦・動悸・頭痛・味覚障害・嗅覚障害・睡眠障害・うつ病・筋肉痛など複数の症状が確認されています。

詳しい原因はこれから少しずつ解明されていくと思います。

 

当院でもコロナ感染(疑い)から、酷い倦怠感などで日常生活も困難となった患者さんがいます。

専門の病院では慢性疲労症候群と診断されました。

コロナ後遺症からの慢性疲労症候群の例は比較的多いみたいです。

 

これらの症状は新型コロナウイルスの攻撃が直接の原因でなくてもアトラスの炎症、視床・視床下部の不安定化などから一般的に起こりうる症状ですが、それらがウイルスによる脳の炎症により一気に引き起こされたと考えると、遠絡療法で言う下位脳障害に当てはまります。

 

原因は何であれ、症状から障害された部位は下位脳、つまり首から上の流れの問題と考えられるので、遠絡療法の下位脳治療は有効だと考えます

当院での症例はまだ少ないのですが、遠絡療法で少しずつ症状が改善している例もあります。

また遠絡療法の有効性は他の地域のドクターも実感しているので、治療の選択肢の一つになりえると感じています。

 

コロナに罹ったあとから、倦怠感や動悸、自律神経が乱れやすくなった方

 

軽症(ちょっとした風邪症状)や無症状の方でも後遺症が報告されていますので、心当たりはないのに調子を崩してきた方。

特に動いた後に疲れや怠さがなかなか取れないなど

 

コロナ後遺症だけではなく、ワクチン接種後の不調(後遺症)の方

 

などお気軽にご相談ください。

 

(参考)コロナ後遺症の治療で併用をお勧めする治療

    →Bスポット療法(上咽頭擦過療法)